満たせ!音楽ライブラリ

AWAのサービスが始まって一週間が経過した。
この記事を書いている現在もiTunes無料ランキング上位を位置し好調である。

前回の記事で、休日に屋外で4G/LTEのみで(Wi-Fiを使わず)AWAをLow(64kbps)で利用した結果をMySoftbankの利用明細から見てみよう。

1日あたり約0.3G。このペースで聴き続けると3日でオーバーするかギリギリで悩ましいところ。これ以上ビットレートを上げてしまうと確実に1GB超えてしまうだろう。キャリアによっては3日1GB制限が解除される流れなので良い方向に向かって るのだろうか?(当方、Softbankのスマ放題未加入なので通信制限の対象となってしまう。)何にせよデータ量を気にしながら音楽聴くのは精神衛生上よくない。 Wi-Fi環境のある自宅で聴く分には何の問題もないが。

AWAのメイン機能とも言えるMyPlaylistをいくつか公開してみた。例を挙げると「杉山清貴&オメガトライブBEST」が好調のようだ。自分の選曲したリストが同士に共感されてるのはやはり嬉しい。


このリストについて解説すると、この選曲はシングルA面曲をリリース順に並べている。すべてアルバムバージョンだ。嬉しいことに杉山清貴&オメガトライブの楽曲はオリジナルアルバムのカタログが全種類揃っている。
ただ『Singles History』(1985年リリースのベスト盤)は未配信なのでこのアルバムでしか聴けない6枚目のシングル「サイレンスがいっぱい」のみ追加できないのが何とももどかしい。しかたなく余った2曲枠を評価の高いバラード「FIRST FINALE」「ALONE AGAIN」に充てることにした。 なお同じ要領でカルロス・トシキ&オメガトライブBESTも公開した。

やはりこちらもシングル曲は未配信なので省く形となった。

配信楽曲に関しては、アーティスト/版権プロダクション側との権利関係で足並みが揃っていない感が否めない。例を挙げるとレミオロメンの楽曲はサービス開始後、現在では何らかの都合で配信が停止されてしまった。

ファンにとっては残念なことだろう。しかしアーティスト側にしてみれば無料配信で聴かれるよりパッケージが売れることを希望しているだろうしここに溝が生じている。ユーザー側が支払う利用料がサービス提供側と アーティスト側とで健全な利益分配ができる方向に向かえば定額制音楽配信も明るい未来が見えてくるのではなかろうか?

最後に朗報としてキングレコードの楽曲が少しづつ配信され始めている。堀江由衣の旧譜が追加されることを願ってやまない。

追随するかのように、Appleも定額制音楽配信サービス「Apple Music」が始まる動きも見られる。iTunesのコンテンツが定額制で聴き放題となればかなり興味深い。

AWAを使ってみた。
サービス開始から3日経ち、すっかりAWAまみれである。

2015年5月27日よりストリーミング定額制音楽配信 AWA がスタートした。さっそ くiPhone版アプリをダウンロードして試してみた。3ヶ月間のトライアル期間が設けられており期間内は無料でプレミアムサービスが受けられる。
まず使ってみた第一印象としては『かなりの好感触』と言っておきたい。

概要をザックリ言うとsearchで楽曲、アーティスト、アルバム、プレイリストを検索でき、それらをFavorites(お気に入り)登録したものはリスト化される。プレイリストによって聴きたい音楽を自由に選曲できる。他ユーザーによるプレイリストの共有も可能だ。ただし共有リストは8曲までとなっている。(共有しないリストはそれ以上の曲数も可能)

細かな不満点を敢えて挙げるとするならば、アーティスト名の表記揺れだろうか。

カタカナと英字で検索するとそれぞれ同一アーティストでも二通り存在する。これは今後の改善に期待したい。
あとはプレイリストやお気に入りを50音順にソートできれば便利だと思う。(現状はどうしても登録順になってしまうので)

ユーザーが最も気になるポイントはやはり楽曲数だろう。(一部のプロダクション及びレコード会社との調整がつかないのか?)某大御所バンドやら某国民的アイドルなどの楽曲は未配信でまだまだ不十分だが、今後増やしていくとの公式コメントがあるので期待したい。

ストリーミング配信の利点は従来のiPodのようにハードディスクにデータを溜めることなく聴けることに尽きる。
(こうした進化を背景にiPod classicは販売終了してしまったのだろうか?)
逆に欠点はネットが繋がらなければ当然データを再生できないことだ。
アプリ設定にあるように、AWAでは音質を3段階調節することでバッファ調整できるようだ。

Wi-Fi環境がなく4G/LTE回線による帯域制限(俗に言う「3日で1GB規制」)が不安な人はLow(64kbps)をオススメする。このクオリティなら音質は落ちるもののデータの転送量はごく少なくてすむ。個人的に検証した結果、Low(64kbps)で8曲(37分)を再生してみたら26.6MBとなった。

なおNormal(128kbps)ではこの倍。もっともWi-Fiのある環境で320kbpsのデータを鳴らせるのがベストなのだが…外出中カジュアルに聴く分は音質よりもスムーズに聴ける環境が欲しいものだ。(と、個人的解釈…)
ちなみに外出中に意識せずにAWAをLowで再生した結果、このようなデータになった。
参考になれば幸いである。

今はとにかくAWAまみれになりたい。

このページのトップヘ